マネジメント学科中西哲ゼミ2年生が花王に対して「グローバル戦略」を提案

2019年7月5日
  • ゼミ

マネジメント学科・中西哲ゼミではProjectBasedLearning(課題解決型学習)を導入し実践的な経営学の学びに取り組んでいます。この度、花王㈱及び花王グループカスタマーマーケティング㈱のご協力を得て「花王の海外展開を加速するグローバル戦略を提案せよ!」という課題に取り組みました。約1か月あまりの短い期間でしたが4つの班に分かれオリジナリティ溢れるアプローチでグローバル戦略を立案しプロジェクトを完遂しました。

6月18日の発表当日は花王グループカスタマーマーケティング㈱からインターナショナルCBD部門統括執行役員西川博幸様、経営企画部門カスタマーコミュニケーション部長西谷信治様、越境EC推進部長内海雅路様、花王㈱からコンシューマープロダクツ事業推進部門事業ESG推進部長松本彰様にご来校いただきプレゼンテーションをお聞きいただくとともに講評をいただきました。講評では学生たちの熱意ある取組姿勢を高くご評価いただき、学生たちにとっては大きな自信につながりました。

なお、各班の提案は次の通りです。
1班「グループ会社カネボウ化粧品による”SENSAI”の中国進出を巡って」
2班「訪日外国人を通じた認知度向上策の提言」
3班「新メリーズでブラジルのゴミを減らし持続可能な社会実現へ」
4班「キューバへの進出を布石とした中南米への浸透」

 

花王プロジェクト西川執行役員によるご講評

花王グループカスタマーマーケティング西川博幸執行役員によるご講評

 

〇集合写真(右上)・・・中西哲ゼミ2年生、後列左から花王グループカスタマーマーケティング内海雅路部長様、西谷信治部長様、本学マネジメント学科准教授中西哲、西川博幸執行役員様、花王㈱松本彰部長様

 

 

おすすめの記事