跡見学園後援会

後援会賛助会員加入のご案内とお願い

この度ご息女には跡見学園を卒業され進学、或いはご就職とそれぞれの分野にてご活躍されること、まことに喜ばしいことと存じあげます。
さてご案内のとおり当会は、在学生のご父母である会員各位に会費を頂戴いたし、学園の教育施設と教育事業の発展に多大の貢献を致して参りました。 ご息女在学中は種々ご協力を頂きまことに有り難うございました。厚く感謝いたしております。
後援会といたしましては、ご縁あって会員としてご協力頂きました皆様とこのままお別れするのは残念なことであり、ご息女ご卒業後も引続き賛助会員として本会にご協力頂ければ幸甚と存じます。 毎年多数の方々にこの趣旨にご賛同賜り、賛助会員として留まって頂いております。今後ともその輪を広げていき、将来に亘って学園を支援していきたいと存じますので、ぜひ賛助会員としてご加入頂きたく、お願い申しあげる次第であります。

跡見花蹊先生が大阪中之島で父のあとを受けて私塾を開いたのは1859(安政6)年です。その後1875(明治8)年東京神田に跡見学校を設立、1888(明治21)年小石川柳町に移転、さらに1933(昭和8)年、2代目跡見李子先生校長在任中に現在の大塚の地に移転。爾来今日に至るまで140年の間、さまざまな時代の変遷の中にあって跡見学園は花蹊先生の建学の精神を継承した女子一貫教育によって名実共に時代に適合した教養を持つ社会人、家庭人を育成してまいりました。
1965(昭和40)年新座(埼玉県)に創設した女子大学は、2002(平成14)年4月から総合大学へと変革致しました。2005(平成17)年4月に大学院人文科学研究科を開設し、2006(平成18)年4月に大学院マネジメント研究科を開設致しました。 2006(平成18)年度をもって短期大学部は閉学し、これに伴い女子大学にコミュニケーション文化学科と生活環境マネジメント学科を設置致しました。 短期大学部の跡地に校舎を新築し、大学の三年次、四年次は文京キャンパスで学んでおります。2010(平成22)年4月に文学部現代文化表現学科を、マネジメント学部観光マネジメント学科を設置致しました。2015(平成27)年4月に、第3の学部となる「座学プラス実践」を教育方針とした観光コミュニティ学部を新設致しました。
これらはご父母をはじめ多くの卒業生の皆様方のご支援の賜ものであります。
今後とも学園へのさらなるご支援とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

跡見学園後援会は、校舎並びに諸設備の戦災復旧を目的として、昭和21年4月に発足以来70年、跡見学園発展のために多大の貢献をいたしてまいりました。
後援会は1990(平成2)年度から従来の在学生会員に加え賛助会員制度を設け、すでに多くの方々からご協力をいただいております。今後もその輪を拡大してゆき、より積極的に皆様方の母校を支援していきたいと存じます。
跡見学園の輝かしい伝統を守り、ますます発展をはかるため卒業生ご父母におかれましては、引き続き後援会にご加入下さいますようお願いする次第でございます。

☆各種入会特典あり

入会特典例)
・学園祭(大学・中高)にご来場の際に食券(1,200円)を差し上げます。
・学園で開催されるシンポジウム等での「後援会優先席」がございます。

  • ※入会を希望される方はこちらからお申し込みください。
  • ※後援会に関するお問合せはこちらからお願いします。
お問い合わせ

跡見学園法人事務局内 後援会事務局
〒112-8629 東京都文京区大塚1丁目5番9号
TEL: 03-3941-8161
受付時間:平日 8:30~16:30