学びの継続のための「学生支援緊急給付金」第2次募集について(国の給付金)

2020年7月9日
  • 重要なお知らせ

学部生、大学院生各位

学生サポートセンター

学生支援緊急給付金とは
「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』は、新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、学生生活にも経済的な影響が顕著となっている状況の中で、世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により、大学等での修学の継続が困難となっている学生等が修学をあきらめることがないよう、現金を支給する国の事業です。(令和2年5月19日閣議決定)
このたび下記の通り本事業の第2次申請を受付けいたします。

1.支給対象者: 学部生、大学院生
原則として、家庭から自立してアルバイト収入で学費を賄っていること、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していること、既存の支援制度を利用しても学費などの支出が困難であること等が条件となります。なお第1次申請にて推薦(給付)を受けた人は、今回は申請できません。

2.支給額
住民税非課税世帯の学生等:20万円
上記以外の学生等:10万円
※大学ごとに推薦枠があるため、条件に合致する場合でも全員が支給されるとは限りません。

3.申請方法
ポータル『お知らせ(学生課):「学生支援緊急給付金」申請手続きについて(第2次申請)』にて詳細をお知らせいたします(第2次申請期間の申込み期限は7月20日です)。

4.申込みから支給完了までの流れ
大学において推薦者を決定の上、日本学生支援機構へ提出いたします。
(1)希望者が申請書類を大学に提出
(2)大学において審査、推薦者を決定
(3)大学にて推薦リストを作成、日本学生支援機構へ提出
(4)日本学生支援機構より支給決定者に給付金を支給(振込)(※)
(※)申請者である学生本人名義の口座へ振り込まれます。 支給決定についての通知はありません。(口座への振り込みをもって支給決定の通知に代えられます。)

5.本件についてお問合せのある人は、ポータルのお知らせ「奨学金に関するメールの問合せについて」を参照し、メールにてお問い合わせください。

※本学独自の「修学支援金」とは別の制度となります。

以上