学生生活

国際交流活動/英会話サロン

グローバルな未来を実現するためのパスポート

本学では、夏季休業・春季休業中に本学指定の大学において、3~7週間程度の海外研修を実施しています。これらのプログラムは、英語または中国語・フランス語・ドイツ語の基礎的学力を有する学生を対象に、語学力のスキルアップ、文化の多様性への認識と広い世界観を獲得してもらうことを目的としています。

英国国立スターリング大学
(イギリス:スコットランド)

英国国立スターリング大学は、スコットランド地方の美しい自然環境の中にあり、英語教育の質の高さに定評のある大学です。授業では徹底して「聞く・話す」ことで英会話の基礎力を高めます。また、美しい街並みが世界遺産となっているエディンバラ市散策や英国の歴史学習など、充実したアクティビティも体験できます。

2017年度夏期海外研修日程

2017年8月6日(日) 出発
8月7日(月)~ 9月1日(金) 学生寮に滞在
授業・・・平日午前/1日3時間半(日常会話、発音、リスニング、講義等)
課外活動・・・平日午後/映画鑑賞、ケルティックダンス等
小旅行・・・週末/世界遺産エディンバラ、ネス湖等
9月2日(土)~ 9月3日(日) ロンドン市内研修
9月4日(月) ロンドンヒースロー発→帰国の途へ(機内泊)
9月5日(火) 帰国

2016年度春期海外研修日程(参考)

2017年2月12日(日) 出発
2月13日(月)~3月24日(金) 学生寮に滞在
授業・・・平日午前/1日3時間半
(日常会話、発音、リスニング、講義等)
課外活動・・・平日午後/映画鑑賞、ケルティックダンス等
小旅行・・・週末/世界遺産エディンバラ、ネス湖等
3月25日(土)~3月26日(日) ロンドン市内研修
3月27日(月) ロンドンヒースロー発→帰国の途へ(機内泊)
3月28日(火) 帰国

プログラム内容

授業

リスニング、スピーキングを中心に1日3時間半の授業で会話力を磨きます。スコットランドの歴史を学ぶ授業やスポーツアクティビティ、留学生や現地学生との相互交流の機会も設けています。

宿泊

大学の寮に滞在します。

小旅行

美しい街並みが世界遺産となっている「エディンバラ」や幻の未確認生物ネッシーで有名な「ネス湖」などの見学旅行を実施します。

【参加した学生の声】~スターリング大学~

  • 自分に合ったレベルで英語を学ぶことができ、自分のペースでレベルアップできた。(夏期)
  • 日本とは違う生活、文化、人との交流の中で吸収した様々なことが将来役立つと強く感じた。(夏期)
  • 研修を通じて大きく成長できたと実感しており、自信を得ることができた。(夏期)
  • 自分の視野や価値観が大きく広がり成長できる。(夏期)
  • 一生の素晴らしい思い出になった。(夏期)
  • 現地の方とこんなにも話せる場所が設けられている所はなかなか無いと思うので、この恵まれた環境にいられたことをとても感謝している。(春期)
  • 長期間英語だけの環境にいることにより、自分の価値観が大きく変わった。(春期)
  • イギリス人以外の外国人の友達も出来て、とても楽しかった。(春期)

ロイヤルローズ大学
(カナダ:ブリティッシュコロンビア州)

ロイヤルローズ大学は、カナダでも屈指の観光地、“花の都”と呼ばれるビクトリアにあります。この研修では国際社会で通用する実践的な語学力の習得をめざし、語学研修に加え、「ホスピタリティと観光業」をテーマとした社会活動体験研修が行われます。また、ホームステイによるホストファミリーとの交流を通じ、異文化理解や国際感覚を養います。

2017年度夏期海外研修日程

2017年8月21日(月) 出発
8月22日(火)~ 9月16日(土) ホームステイにて滞在
授業・・・ビジネス英会話、講義等
社会活動体験・・・ホテル、観光施設、博物館、ボランティア団体等
9月17日(日) ビクトリア発→帰国の途へ(機内泊)
9月18日(月) 帰国

プログラム内容

授業

語学研修では、日常英会話だけでなく、「ホスピタリティーと観光業」などテーマを設けた授業で実践的な語学力を習得します。

社会活動体験

ホテル、観光施設、博物館、ボランティア団体などで社会活動体験を行います。

宿泊

全行程ホームステイです。週末はホストファミリーと自由な時間を過ごします。

【参加した学生の声】~ロイヤルローズ大学~

  • ボランティア活動や社会体験活動を通じて良い経験ができ、将来の進路を深く具体的に考えるようになった。
  • 社会活動体験やホームステイなど、現地の方とのコミュニケーションの機会が多いので、オススメです。
  • 単なる語学研修ではないので、就職活動等でもアピールできると思う。
  • 異文化、ビジネス英語を学ぶとても良い機会であった。
  • ホームステイをすることにより、さらに身近に英語を学ぶことができた。
  • 英語を学ぶだけでなく、実践できる。

西部カトリック大学
(フランス:アンジェ)

西部カトリック大学は、外国人向けフランス語コースの質の高さときめ細かい授業に定評があります。世界各国から集まる留学生と合同のクラスで、レベル別の授業を受けます。研修ではフランス語学習のほか、文化活動やスポーツなどのアクティビティ、さらには2泊3日のパリ研修も含まれています。

2017年度夏期海外研修日程

2017年8月7日(月) 出発
8月8日(火)~ 9月1日(金) 大学付近の寮に滞在
授業・・・文法、発音、リスニング、会話等
小旅行・・・世界遺産モン・サン=ミッシェル、サン・マロ等
課外活動・・・ワイン・チーズ体験、ブリサック城見学等
9月2日(土)~ 9月3日(日) パリ市内研修
9月4日(月) パリ シャルルドゴール発→帰国の途へ(機内泊)
9月5日(火) 帰国

プログラム内容

授業

1日6時間~3時間(クラスのレベル、課外活動の有無により変動)、世界各国からの留学生と合同のクラスでフランス語を学びます。基礎的な文法はもちろん、プレゼンテーションやディスカッションなど、それぞれのレベルに合ったクラスでフランス語力を磨きます。

宿泊

学生寮に滞在します。食事は1日3食、大学内の学生食堂でとります。

小旅行

週末には、世界遺産モン・サン=ミッシェルや、イギリス海峡に面した美しい街、サン・マロを訪れます(任意参加)。

【参加した学生の声】~西部カトリック大学~

  • 自分に合ったクラスで、楽しく無理なく学ぶことができた。
  • 授業が分かりやすく、先生やモニターの方たちも良くて充実した研修内容だった。
  • 滞在先のアンジェがとても暮らしやすく何日もいたいと思った。
  • すごく濃い1ヶ月だった。
  • 自分をアピールすることを学んだ。
  • 言いたいこと・疑問に思ったことをその場で言う姿勢を学んだ。
  • 広い視野を持つことを学んだ。
  • もう一度この研修に参加したいと思うほど楽しく充実した研修だった。
  • 今後の方向性を決める上で大きく影響を受けた。

国立政治大学
(台湾:台北)

国立政治大学は、台北市の東南に位置する台湾有数の名門校です。風光明媚な指南山の麓という好環境で、付近一帯は学生街らしい活気にあふれています。20年以上の歴史を持つ政治大学中国語言語センターや、山の中腹に位置する国際ビルなど、施設も充実。多彩な課外活動を含め、中国語や台湾文化への理解を深めます。

2017年度夏期海外研修日程

2017年8月6日(日) 出発
8月7日(月)~ 8月25日(金) 留学生用学生寮に滞在
授業・・・1日3時間半程度
小旅行・・・九份・十分等
課外活動・・・書道、ビーズ工芸制作体験等
8月26日(土)~ 8月27日(日) 台南・台中観光
8月28日(月) 帰国

プログラム内容

授業

1日3時間半程度の中国語の授業のほか、学外アクティビティや文化ワークショップが用意されています。

宿泊

留学生用学生寮に滞在します。

小旅行

週末には見学小旅行を実施。映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった「九份・十分」や台南で一番歴史の古い史跡「赤崁楼」の見学など、さまざまな体験ができます。

【参加した学生の声】~国立政治大学~

  • 中国語初心者でも理解しやすい授業内容だった。
  • 勇気をもって話しかけると、現地の人はみんな本当に優しい。
  • 研修に参加して、コミュニケーション力・積極性・モチベーションが向上した。
  • 視野がとても広がった。
  • 新しい友達ができ、異文化に対する見方が変わった。
  • これからの大学生活をどう過ごしていくか考えるようになった。
  • 充実した夏休みになった。

ローワーコロンビアカレッジ
(アメリカ:ワシントン州)

「埼玉県和光市」と「(姉妹都市の)ワシントン州ロングビュー市」の全面協力のもと実施している研修です。市長面会、市議会傍聴を通じて、アメリカの文化と地域コミュニティを理解します。また、ワシントン州日米協会と共に、地元小学校で日本文化を紹介するボランティアを行います。
研修最後には、シアトルで企業見学等を行います。

2016年度春期海外研修日程(参考)

2017年2月12日(日) 出発
2月13日(月)~3月3日(金) ホームステイにて滞在
授業・・・1日3時間(日常会話、発音、リスニング、講義等)
課外活動・・・州議事堂、企業訪問等
3月4日(土)~3月6日(月) シアトル市内研修(企業訪問等)
3月7日(火) シアトル発→帰国の途へ(機内泊)
3月8日(水) 帰国

プログラム内容

授業

1日3時間のクラス。テキストを使ったグラマーなどのほかに、テーマによるディスカッションも含まれています。

課外活動

州議事堂、企業訪問の他、アメリカ文化に関するセミナーを実施。アメリカ文化と地域コミュニティを多方面から体験します。

宿泊

全行程ホームステイです。週末はホストファミリーと自由な時間を過ごします。

【参加した学生の声】~ローワーコロンビアカレッジ~

  • ホームステイなので、学校にいる時だけでなく家に帰っても英語に触れられる体験は貴重だった。
  • アメリカの文化に触れることで、日本との違いを体感し自分の考えの構築ができるようになった。
  • リスニング力を高めることができた。
  • 沢山のことを学べ、人生の中での貴重な体験となった。
  • 語学習得や異文化に対する関心が高まった。
  • 間違いを恐れず積極的に話す力が伸びた。
  • 日本や自分自身について考えるきっかけとなった。
  • 何事もプラスに考えられるようになった。
  • チャレンジ精神を学んだ。
  • 自分の伝えたいことを伝える難しさや、伝わったときの達成感を味わうことができた。

ミュンヘン大学
(ドイツ:ミュンヘン)

ミュンヘン大学は、ドイツの学術界を牽引する世界有数の大学です。この研修では、ミュンヘン大学の卒業生によって設立された国際コミュニケーション協会とミュンヘン大学とが共同で設置したコースを受講することで、実践的なドイツ語を学ぶことを目的としています。また、州立歌劇場での作品鑑賞や、美術館・博物館見学、ノイシュバンシュタイン城への小旅行など、豊富な課外活動からドイツの歴史と文化に触れる機会も多く用意されています。

2016年度春期海外研修日程(参考)

2017年2月19日(日) 出発
2月20日(月)~3月17日(金) ホームステイにて滞在
授業…平日午前/1日3時間
課外活動・・・平日午後/歌劇場での作品鑑賞、美術館見学等
小旅行・・・週末/ノイシュバンシュタイン城等
3月18日(土) 終日自由行動
3月19日(日) ミュンヘン発→帰国の途へ(機内泊)
3月20日(月) 帰国

プログラム内容

授業

1日3時間、言語はコミュニケーションツールであるということに重点を置いた実践型の授業です。同年代のチューター主催のアクティビティなど、現地の学生と交流する機会も設けられています。

宿泊

全行程ホームステイです。

小旅行

週末には、テーマパークのモデルとしても有名なノイシュバンシュタイン城など、ドイツの歴史と文化に触れられる小旅行に参加します。

【参加した学生の声】~ミュンヘン大学~

  • 自分から積極的に発言し行動することの重要性を大いに学んだ。
  • 自分の成長を実感することができた。
  • メンタル面が強くなった。
  • プログラム内容は楽しいものばかりで毎日積極的に参加できた。
  • 現地のチューターさんたちとの交流がとても楽しく、充実したものだった。
  • 言語だけではなく、文化に触れながら過ごせたので、以前よりもドイツがもっと好きになった。
  • ドイツ語の先生の授業が、常に楽しく、分かりやすい教え方や工夫がなされていた。もうこの授業が受けられないということがすごく悲しい。
  • 語学に対して苦手意識があったが、この研修から、ドイツ語を学ぶことと言葉が通じることの楽しさを学んだ。

国の教育ローン

国の教育ローンは、日本政策金融公庫(国民生活事業)が運営している、教育に必要な資金を融資する公的な制度です。海外語学研修の費用の一部も融資対象となることがあります。

気軽に楽しみながら英会話の力がつく跡見英会話サロン

文京・新座の両キャンパスでは、ネイティブの先生と学生が自由に会話できる“跡見英会話サロン”が用意されています。授業ではなく、好きな話題で楽しくおしゃべりすることで、生きた表現や会話の応用力が身につき、自然に英語でのコミュニケーション力がアップします。海外研修の準備として集中的に利用する、あるいは毎日通って英語に慣れる……等、使い方は自分次第。多くの学生が、このサロンで英会話力を磨いています。

教室

文京キャンパス:2号館3階 M2306教室
新座キャンパス:1号館1階 学務部インフォメーションコーナー

開催時間

文京キャンパス 12:00~13:30
新座キャンパス 12:15~13:45