第3回フランス語企画展示「自分で訳す星の王子さま☆」を展示中

2020年3月6日
  • 学生

跡見学園女子大学の2年生のフランス語授業では、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ作の『星の王子さま』を原文で読みました。学生が翻訳家になって、自分の言葉でフランス語から日本語に訳し、星の王子さまの世界を表現することを目指しました。
今年度で第3回目となるフランス語企画展示では「自分で訳す星の王子さま」と題して、冒頭の第1章と第2章の翻訳を展示しています。翻訳した感想も含めて紹介しており、学生が表現する素敵な世界が広がっています。
右の写真に写っている星の王子さまやボア蛇(第1章・第2章登場)のデザインはフランス語履修生のRena Tsunekiさんによるオリジナルデザインです☆また、図書館が収蔵している各国の『星の王子さま』や関連書籍もあわせて展示しています。新座キャンパス図書館へお立ち寄りの際にはぜひご覧下さい。
また、今年度のフランス語クラスでは、2年間のフランス語の学習を通じて、2019年秋季の仏検3級に5名の学生が合格しました!また協定校の西部カトリック大学における夏季研修には11名の学生が参加しました。「新しい言語を学ぶことは、新しい世界をひらくこと」、跡見のフランス語科目は、フランス語の学習を通じて、学生が世界を豊かに広げていけるように応援していきます☆

展示期間:2020年2月5日(木)〜3月17日(火) / 実施場所:新座キャンパス図書館1階※

※新座図書館の開館日のカレンダーはこちら
*急な変更が生じる可能性もありますので、あわせて大学ホームページを必ずご確認下さい。

 

製作者:フランス語履修生(2年生)、主催:フランス語授業担当(寺本敬子)、協力:跡見学園女子大学図書館

おすすめの記事