かるた部・地域交流センター「文京博覧会(ぶんぱく)2019」に参加

2019年11月26日
  • 地域交流
  • 学生

11月15日(金)・16日(土)の2日間、文京シビックセンターで開催された「文京博覧会2019」にかるた部の学生2名、教員1名が参加し、ポスター展示を行ないました。

「文京博覧会2019」は、区内の中小企業、産業団体等が一堂に会して展示、実演、物販などを行なうもので、毎年11月に開催されています。区内の産業、商業、伝統工芸等に触れながら、新しい文京区の魅力を再発見できるイベントとして、多くの参加者が来場されます。

本学は、産学連携事業などに関する展示(産学連携ポスター)を通じて、参加しました。またマルチビジョンでのPR動画の放映も、あわせて行ないました。展示を行なうだけでなく、かるた部の学生たちが参加することで、多くの区民の皆さまと交流をすることができる貴重な機会となりました。かるた部の活動に接し、あるいは、菊坂跡見塾(旧伊勢屋質店)へ足を運んだ経験がある方にお声がけいただきました。本学の地域交流活動が広まりつつあることを実感しました。

〇当日の様子

IMG-4800

〇当日展示ポスター

ぶんぱく

おすすめの記事