観光コミュニティ学部の1・2年生がハワイ研修に参加しました。

2019年10月8日
  • 学部

日本人にとって最も人気の高いリゾート地ハワイ。その多彩な魅力を歴史的、体系的に知ることを目的に、9月18日から4泊6日の日程で今年もハワイ研修旅行を実施しました。参加した学生は観光コミュニティ学部の1・2年生11人。

ホノルル到着後、地元の大学生など3人のアイランダーがリーダーとなって班別行動を開始。「アロハ・スピリット」とは何かをテーマにして、ワイキキ探険、ブライダル関係の施設視察、ダイヤモンドヘッド登山などのほかに、オアフ島北東部のプナルウの農園でタロイモ栽培を実習しました。水を張った田んぼのような畑で泥まみれになりながら、伝統の復活と自然環境保全に対するハワイ人の熱い思いを学んできました。

研修成果は、ハワイ大学キャンパスで班ごとにパワーポイントを使って英語で発表しました。研修の様子は、【こちら】からご覧いただけます。

hawaii2019no2

 

おすすめの記事