【コミュニティデザイン学科篠﨑ゼミ】萩・津和野の魅力発見と情報発信を実施

2019年9月6日
  • ゼミ

コミュニティデザイン学科篠﨑ゼミ3年の3名が、島根県の招待を受け、女子学生らしい新たな視点で萩・津和野地域の魅力発見と、それらを同世代の人々にわかりやすく情報発信することを目的に、3月25~27日の2泊3日の地域交流を行いました。
学生は、島根県の萩・岩見空港利用促進対策事業の一環として同空港を活用した旅行プランや「萩・岩見ぶらり手形」や「岩見の神楽めし」クーポンなどを活用し、そのメリットや使いやすさを評価したり、地域の方々から紹介された地域ならではのお店や伝統あるお店、さらに国内外からの新たな移住者と交流を行ったり、地域での生活と体験に基づいたお話をうかがい、通常の観光では味わえない貴重な体験を行い、違った角度からの地域の魅力の発見に努めました。
結果は、8ページの地域交流の記録として、学生らしいセンスでSNS風にまとめ、コミュニティデザイン学科の学生や、オープンキャンパスに訪れた高校生等に配布しています。
今後も地域の魅力の発信や地域活性化事業に繋げていくことを計画しています。

スライド1

〇完成したパンフレット

 

DSC_2647z

〇当日の様子

DSC_2643z

〇集合写真

 

 

おすすめの記事