ATOMI GIRLS COLLECTION 2019 を開催しました

2019年9月6日
  • ゼミ

世界のファッション界が頭を悩ませているのが、衣服とその関連グッズの大量廃棄の問題です。また、衣服を大量に生産することで環境に与える負荷の問題、生産コストを抑える非人道的なシステムの問題について、生活環境マネジメント学科の学生は、どのようにすればそうした問題を解決し、持続可能な社会を構築できるかという命題に取り組んでいます。

その一環として生マネ横井ゼミの2年生は、忘れられていた服を活用する「リユース」、その服に新たな魅力を与える「リメイク」を施し、本来ファッションが持つ高揚感、充足感、幸福感といった「ファッションの力」を表現する「ATOMI GIRLS COLLECTION」(通称AGC)を毎年開催しています。

9回目となる「AGC 2019」は、「東京、ソウル、パリ、NY、ロンドン 世界5都市のファッション」をテーマに、去る7月21日(日)のオープンキャンパスで披露しました。

学生たちは、各都市のファッションの特徴を研究することから始め、東京は「カワイイ」ソウルは「セクシー」パリは「シック」NYは「ゴージャス」ロンドンは「オーセンティック」をキーワードに選びました。各自が着用する服のデザイン画を描き、タンスに眠っているリメイク可能な服、残布、アクセサリーを集め、手縫いやミシンを使い衣装を完成させます。同時にショーの構成から演出、音響と映像と照明、広報活動(SNS発信、ポスター・チラシ作成)、ヘア&メイクまで、すべて学生のアイデアによるものです。

 

〇当日の様子

IMG_1924

IMG_1923

IMG_1926

IMG_1927

IMG_1930

IMG_1931

おすすめの記事