コミュニティデザイン学科 矢野ゼミが商店街と東京オリンピック観光の新たな魅力探しについて校外学習しました

2019年1月29日
  • ゼミ

コミュニティデザイン学科、矢野ゼミでは、谷中商店街と神楽坂商店街に新国立競技場の建築現場を加えて周遊する「街歩き」ルート設定しました。商店街メインストリートでの飲食店、周辺の路地裏を観光とライフスタイルの両視点から捉え、新国立競技場の建設進捗状況を確認できる街歩きの魅力を探るためです。食べ歩きや魅力探し中に「古風な民家や神社、おしゃれで可愛いお店が混在する商業・居住地区としての魅力がある」「ワクワク・ドキドキする路地裏探索は楽しい」等の声が寄せられました。 矢野ゼミは、「街歩き」によって「場のブランディング」に寄与できる要素を見出しながら、観光と生活者の視点に拠る観光と場の新たな魅力づくりに取り組んでいます。

町探索 2

 

おすすめの記事