花王株式会社のESGへの取り組みについて学びました(生活環境マネジメント学科の専門科目)

2018年12月13日
  • 授業・実習

12月4日、生活環境マネジメント学科の専門科目である「地球環境と経営」(担当:宮崎正浩教授)では、外部講師として花王株式会社ESG戦略部長の畑中さんにご講演をしていただきました。同社の1890年の花王石鹸の歴史から始まり、企業概要、使命・ビジョン、基本となる価値観、社会や環境保全に貢献する具体的な製品や活動、サプライチェーンの人権問題や社内でのジェンダー平等などへの取り組みについての具体的なお話でした。参加した学生からは、「すすぎ1回の洗剤は、節水、節電、時短にもなる便利な商品だ。主婦や働く人などのお客さんのニーズを汲み取って商品を開発していることを学んだ」などの感想が寄せられ、同社の具体的な製品開発の事例が特に印象的でした。
(注)ESGとは、環境(Environment),社会(Society)に配慮し、適切なガバナンス(Governance,企業統治)を有する経営方針を指す言葉です。最近では世界中の多くの機関投資家が投資先企業を選定する基準としてESGの評価をもちいるようになっています。

おすすめの記事