就職課主催「PBLプログラム」が完結しました

2018年10月22日
  • 就職
  • 就職

9月末、今年度のPBLプログラムの全日程が終了しました。

参加学生が1か月間をかけて作成したプレゼンテーションが完成し、プログラムの最終日にそれぞれのタイアップ企業の担当者の前で発表を行いました。

1・2年生は、埼玉県の印刷会社・株式会社デサンより出題された「真の働き方改革の提案」をテーマとしたプログラムに取り組みました。実現可能性を高める工夫をプレゼンテーションに盛り込むなど、事前のリサーチに基づく説得力ある企画が高い評価を得ました。

3年生は、大手アパレル企業・株式会社サンエー・ビーディーとのタイアップで、「就職活動を控えた大学3年生に向けた会社案内」の企画作成に取り組みました。短期間で最大限の成果を出すことを意識したプログラムで発想力を磨いた学生達からは、ファッション雑誌での特集記事によるプロモーションなど、斬新な企画も提案されました。

参加した学生たちは、1か月間のプログラムを通し、自身の考えを発信していくことへの自信を身につけたようでした。

 

○講評の様子

06

関連記事

おすすめの記事