図書館セミナー「女性編集者と学生が語る、『本』をめぐる業界の今!」を開催します

2018年9月30日
  • イベント
  • 取り組み

跡見学園女子大学図書館では、「書物復権11社の会」と共同し、「女性編集者と学生が語る、『本』をめぐる業界の今!」と題したセミナーを開催します。本が好きな方だけではなく、出版業界に興味のある方にもぜひきいていただきたいセミナーです。

皆さんご存知のとおり、現代はあらゆる業界の電子化が急速に進行し、「旧メディア」はその存亡すら危ぶまれています。出版業界、図書の世界でも電子化の波は、在来のメディアを置き去りにしようとしているように思われます。
しかし、「本」や「紙の雑誌」はその使命を本当に終えたのでしょうか。「本作りの最前線」、しかも「学術出版」という伝統的な業界の今はどうなっているのか? 経験豊かな学術出版の女性編集者をお呼びして、「本」に興味を持つ「学生」「市民」のみなさんに現状をお話していただく機会を設けました。また、「本」に興味のある学生も加わり、本の未来についても語る場ともなっています。本学でこうした企画が開催されるのは初めてです。ぜひ参加してみてください。

出席 岩波書店児童書編集長 愛宕 裕子氏
白水社編集部部長代理 菅家 千珠氏
(コーディネーター)跡見学園女子大学図書館長 矢島 新
(学生)跡見学園女子大学図書館ボランティア

日時 平成30年10月22日(月) 18:30~20:30
場所 跡見学園女子大学文京キャンパス
主催 「書物復権11社の会」、跡見学園女子大学図書館
後援 文京区教育委員会
協力 跡見学園女子大学就職課

(一般参加) 無料(応募者多数の場合、抽選)(締切 10/12)
※事前申込が必要です。
【申込方法]
1.電話 048-478-3819(平日午前9時~午後4時まで)
2.E-mail  メールタイトル「書物復権セミナー申込」
libuke@atomi.ac.jp
3.ポータル(本学学生のみ)
Atomi Information Portalのお知らせから申込ができます。

※締め切り後、参加の可否についてお知らせいたします。

おすすめの記事