「大学生観光まちづくりコンテスト」で今年も優秀賞獲得~観光コミュニティ学部村上ゼミ~

2018年9月12日
  • ゼミ
  • プレスリリース
  • 受賞

このほど開催された「大学生観光まちづくりコンテスト2018」(同コンテスト運営協議会主催、観光庁他後援)に参加した観光コミュニティ学部村上ゼミ3年の2チームが入賞を果たしました。

跡見チームはまず、9月5日茨城県庁で開催された「茨城ステージ本選」で優秀賞(第3位)を、続く7日長崎ブリックホール国際会議場で開催された「長崎ステージ本選」においては同じく優秀賞(第3位)及び長崎県知事賞を受賞しました。

このコンテストは参加各地域の課題に対して大学生が地域活性化プランを競う産官学連携の課題解決型コンテストで、今回で8回目。今年は茨城、長崎、北陸、多摩川の4ステージで開催されました。茨城ステージでは41大学100チームがエントリーするなど年々参加チームも増え盛況になってきています。各ステージとも本選に進めるのが10チームと競争の厳しい中、跡見チームは7年連続で入賞を果たし、過去に3回最優秀賞である観光庁長官賞を受賞しています(2014年,2016年村上ゼミ、2017年篠原ゼミ)。

関連記事

おすすめの記事