文京区肥後細川庭園 松聲閣で図書館所蔵かるた展示

2018年2月5日
  • イベント
  • 地域交流

跡見学園女子大学図書館は百人一首所蔵で国内有数の規模を誇り、現在約3,000点の資料がございます。このうち特に貴重な資料のパネル展示が平成30年2月4日(日)、文京区肥後細川庭園 松聲閣で行われました。
これは文京区が進める「かるたの街文京」を発信する事業の一環で行われたもので、当日は、他に競技かるたの体験や袴着付け体験などが行われました。松聲閣二階の回遊式展望所「山茶花」には、本学所蔵資料のパネルが展示されました。ひろく海外の方々にも百人一首をご理解いただこうと、今回は英語による解説も加えられました。
また松聲閣一階入り口には、本学所蔵のかるた現物、尾崎紅葉の筆によるとされる板かるたが展示されました。来場者は関心深げに展示ケースの前で長い時間鑑賞されていました。
パネル展示は2月18日(日)まで。その後2月24日(土)には文京シビックセンターにて開催される「国際交流フェスタ」等でもパネルを展示します。
『かるたの街文京!!』を発信事業については文京区ホームページ
【こちら】ををご覧ください。また、文京経済新聞でも紹介されました。【こちら】をご覧下さい。

②パネル
本学所蔵百人一首資料パネルの展示
③尾崎紅葉
尾崎紅葉筆とされる板がるたの展示

おすすめの記事