「全国ふるさと甲子園」に観光コミュニティ学部生約180名が参画!

2017年9月5日
  • イベント
  • イベントレポート
  • 学部

8月26日(土)に「第3回全国ふるさと甲子園」が秋葉原で開催されました。このイベントは、全国から55の市町村や地域が集まり、それぞれの持つ“ロケ地”や“ご当地グルメ”の魅力を競い、「行きたいまち№1」を決めるものです。当日は2,800名を超える来場者で大盛況となりました。本学では、観光コミュニティ学部の学生約180名が『跡見ふるさとサポーター』として協力しました。学生たちは会場で市町村のブースごとに分かれ、それぞれの集客活動のほか、事務局の運営にも協力しました。また、当日だけではなくPR活動など準備段階から協力し、イベントの成功に大きな役割を果たしました。

この企画を通して、地域PRや集客イベントの企画、運営方法或いはコミュニケーション能力など観光を学ぶ学生にとって必要な教養実践力を身につける有意義な機会になりました。この「全国ふるさと甲子園」での出会いを大切に跡見生それぞれの今後が期待されます。

ぜんたい

 

おすすめの記事