大学紹介

跡見学園女子大学の沿革

跡見学園は、創立者 跡見花蹊が東京神田中猿楽町に1875(明治8)年に「跡見学校」を開校したことからはじまり、知育だけでなく情操教育にも重きを置いた、跡見独自の教育方針を確立しました。1913(大正2)年に「財団法人跡見女学校」、1944(昭和19)年に 「跡見高等女学校」となり、1947年(昭和22)年に「跡見学園中学部」、1948(昭和23)年に「跡見学園高等学校」、1950(昭和25)年に「跡見学園短期大学」を設立。1965(昭和40)年に「跡見学園女子大学」を設立しました。

1965(昭和40)年
埼玉県新座市に「跡見学園女子大学」を設立。国文学科・美学美術史学科の2学科を設置。
1967(昭和42)年
英文学科を増設。
1974(昭和49)年 文化学科を増設。
1992(平成4)年
新図書館完成。
1993(平成5)年
2号館完成。
1995(平成7)年
跡見学園開学120周年。
跡見学園女子大学創立30周年、花蹊記念資料館完成。
1996(平成8)年 花蹊記念資料館、博物館相当施設の指定を受ける。
1998(平成10)年 マルチメディア教育センター設置。
2002(平成14)年 文学部に人文学科・臨床心理学科を開設。マネジメント学部マネジメント学科を開設。心理教育相談所を設置。
2005(平成17)年 跡見学園創立130周年。跡見学園女子大学開学40周年。
大学院人文科学研究科日本文化専攻・臨床心理学専攻を開設。
2006(平成18)年 文学部にコミュニケーション文化学科を開設。マネジメント学部に生活環境マネジメント学科を開設。大学院マネジメント研究科マネジメント専攻を開設。
2008(平成20)年
文京区大塚に文京キャンパスを開設。
3・4年生とマネジメント研究科院生は文京キャンパスで、1・2年生と人文科学研究科院生は新座キャンパスで学ぶこととなる。
2010(平成22)年 文学部に現代文化表現学科を開設。マネジメント学部に観光マネジメント学科を開設。
2011(平成23)年 大学本部を文京キャンパスへ移転。
2015(平成27)年 跡見学園創立140周年。跡見学園女子大学開学50周年。
観光コミュニティ学部 観光デザイン学科・コミュニティデザイン学科を開設。