大学紹介

教養コース 新座キャンパス

令和元年度 跡見学園女子大学公開講座 秋期教養コース
世界遺産(産業遺産)と観光

開講時間 13:00~14:30
受講料 無料
対象 15歳以上(中学生を除く)の男女
定員 100名
場所 新座キャンパス

秋期教養コース(新座)の内容について

教養(新座) 内容 講師
<10/12(土)>
<11/16(土)>
ドイツの産業遺産と観光

ドイツに世界遺産は44件(自然3、文化41、複合0)あります。また観光と文化に強く結びついた様々な街道があります:ロマンチック街道、ワイン街道、メルヘン街道、古城街道等々。本講では近年、EUと各国(ドイツ)が力を入れているERIH(ヨーロッパ産業遺産の道-ドイツ編)を紹介し、世界遺産のもう一つの別の見方・楽しみ方をお話しします。

元本学観光コミュニティ学部
観光デザイン学科教授
種田 明

<10/19(土)>
イタリアの世界遺産と観光

世界遺産登録件数トップを保持し続けるイタリア。年代による傾向、登録前と後では都市やエリアにどのような変化があったのか。訪れる外国人はどのような文化的受容を果たしていったか。イタリアの遺産が芸術作品の題材、文学の舞台、映画のロケ地となった事例や、国外で複製される観光名所など、国境を越え世界に及ぼす影響も含め、イタリア観光の歴史から最新トレンドまでを探ってゆきます。

観光コミュニティ学部
観光デザイン学科准教授
河村 英和

<10/26(土)>
百舌鳥・古市古墳群

今年、世界文化遺産として登録される百舌鳥・古市古墳群は、百舌鳥(堺)エリアの23基と、古市(羽曳野・藤井寺)エリアの26基からなる古墳群です。このうち大仙古墳は宮内庁の管理下にありますが、他の48基の古墳のなかには宮内庁の管理から外れたものが少なくありません。これを踏まえ、何故、今、百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に登録するのかを考えていきます。

観光コミュニティ学部
観光デザイン学科教授
鶴田 雅昭

※10/12開講予定としていた「ドイツの産業遺産と観光」は、台風19号の影響で11月16日に延期いたしました。

教養コース受講者特典

申込方法

往復はがき(10/1より63円×2になりますのでご注意ください)、FAX、Webのいずれかに下記の事項をご記入の上お申し込み下さい。

  1. 『世界遺産(産業遺産)と観光』受講希望
  2. 氏名(フリガナ)
  3. 郵便番号・住所
  4. 電話番号
  5. 性別
  6. 年齢
  7. 職業
  8. どちらで本講座をお知りになりましたか?
  9. 次回以降の本学公開講座のご案内を希望しますか?

※教養コースは、受講申込み受付後、葉書にて受講証を郵送いたします。
※お申込頂いた方々の個人情報は、跡見学園女子大学教務部教務課公開講座係にて、講座案内の他、運営に必要な範囲で適切に管理し、使用いたします。個人情報については同意なしに第三者に開示・提供することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
※悪天候等、不測の事態が生じた場合には、大学HPに中止や時間繰り下げ等の情報を掲載します。

申込先

〒352-8501 新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学 教務部教務課 公開講座係

受付期間

令和元年8月26日(月)より受付(定員になり次第締切)

お問い合わせ

跡見学園女子大学
教務部教務課 公開講座係

d-kyomu@mmc.atomi.ac.jp

※E-mailでのお申込みはご遠慮下さい。

TEL:048-478-3340 
FAX:048-478-4133