学園へのご寄付

跡見学園創立150周年記念募金(跡見さくら咲く募金)

跡見学園創立150周年記念事業について

明治8(1875)年、学祖跡見花蹊先生は、新時代に後れをとらぬ女子の教育の実現を掲げて跡見学校を開学されました。以来、跡見学園はその理念を貫き、時代に合わせて形を変えながら歴史を重ね、令和7(2025)年に創立150周年を迎えます。これを記念しまして、本学では、①女子大学新座キャンパスのリフレッシュ化計画の推進、学生会館の建築(女子大学新座キャンパス)、②中学校高等学校のフレキシブルスペース構想の推進、③ICT環境のさらなる充実を計画しております。

メッセージ

跡見学園 理事長:山崎一穎

跡見学園は2025年に創立150周年を迎えます。学園は画家として書家として令名を馳せた跡見花蹊(あとみかけい)先生が、新時代を生きる情操豊かな女性の育成を目指し、1875年(明治8年)神田中猿楽町に跡見学校を開学したことに始まります。
学舎は1888年小石川柳町(現文京区)に移り、跡見女学校(のち跡見高等女学校)として発展し、1933年現在の大塚の地に移転しました。
戦後は新制の跡見学園中学校、高等学校と名称を新たに出発し、1950年跡見学園短期大学を発足させ、1965年創立90周年に跡見学園女子大学文学部を埼玉県新座市に開学しました。その後大学は、2002年に21世紀を生きる自律し自立した女性として、社会にコミットする女性の育成を目指し、マネジメント学部を発足させ、文学部4学科を総合して人文学科に改組する大学改革を行い、2005年には大学院を設置しました。2006年短期大学の学的資源を大学に投入し学科増設をはかり、現在文学部・マネジメント学部・観光コミュニティ学部・心理学部の4学部8学科、大学院2研究科3専攻の総合大学として女子教育にあたっております。
跡見学校開学当初80名余から始まった跡見学園は、大学が約4,500名、中学校高等学校を含めて約5,700名の生徒・学生が在学するまでに発展致しました。
今、学園では2025年の創立150周年に向けた更なる発展のため、教育の質的向上と教育環境整備を具現化するプランを立案しております。教育の質的向上の根幹はカリキュラムにあります。中学校高等学校は探究型授業を核とした将来計画の検討に入っており、大学はカリキュラム改変に動いております。また、よりよい教育の実現には、教育環境の整備が欠かせないと考え、そのために「跡見学園創立150周年記念事業」として次のとおり計画しております。中学校高等学校にあっては、カフェ・面談・自習等に自由に使えるフレキシブルなスペースの構築を考えています。大学にあっては、新座キャンパスのリフレッシュ化計画(第1次)として学生会館の建設を計画中です。
中学校高等学校・大学・大学院を通して脆弱であったICT環境の更なる充実を図るため、オンライン授業実施の環境整備と充実を継続的に実施します。
今回募集致します「跡見学園創立150周年記念募金」により皆様から賜りますご寄付を、「跡見学園創立150周年記念事業」推進の礎とさせて頂き、生徒・学生の教育環境整備充実のために有効に役立たせて頂きたく存じます。
何卒、関係各位の皆様のご賛同とご支援を賜りたく心よりお願い申し上げます。

跡見学園女子大学 学長:笠原清志

跡見学園は、2025年に「創立150周年」を迎えます。跡見学園が大切にする教育とは何か、現代において何が問われているのか、「創立150周年」事業を契機として改めて教育の原点を問い直す機会にできたらと思っています。

メッセージ全文を読む
大学を巡る状況は大きく変化してきています。大学教育の大衆化、社会の情報化、経済のグローバル化だけでなく、今日ではコロナ禍に伴うオンライン教育への対応も求められています。女子大学では、1)キャンパスリフレッシュ化計画の推進、学生会館の建築(新座キャンパス)、2)ICT環境の更なる充実を図るため、オンライン授業のための環境整備、AV設備の改修など、整備・充実を継続的に実施していくことを計画しています。

跡見学園に関係するすべての皆さんのご協力で、「創立150周年」事業を成功裏に導き、教育を支える学生会館の建築、そしてオンライン教育に伴う諸設備を充実できたらと思っています。ご協力のほどお願いいたします。

跡見学園中学校高等学校 学校長:松井真佐美

跡見学園中学校高等学校は永年にわたり、泉会や後援会の皆様をはじめとする多くの方々に支えられ、2025年には創立150周年を迎えます。校長就任以降、「自らの美意識のもとに新たな価値を生み出し、周囲を幸せにする女性」の育成をビジョンとし、

メッセージ全文を読む
跡見学園が培ってきた普遍的な学びと、時代とともに変化する学びを融合させて教育活動を行ってまいりました。特に2020年度よりネットワーク環境を構築した後、生徒全員がiPadを携帯し、今後の社会環境の変化に対応する態勢を整えつつあります。そして文京という恵まれた環境の下、変化の幅も方向性も見通せない社会で、常に自分自身をプロデュースできる「しなやかで凛とした女性」を育てることに力を注いでおります。

近年では加速する少子化の影響もあり、私学を取り巻く経営環境は大変厳しい状況にあります。未来に向けて、跡見生が羽ばたくことのできる教育環境をより一層、充実・発展させていくためにも、皆様には格段のご協力とご支援を賜りたく、ここに謹んでお願い申し上げます。

「跡見さくら咲く募金」について

跡見学園創立150周年記念事業を推進するため、「跡見さくら咲く募金」を創設しました。卒業生、在学生・在校生御父母、教職員、事業法人及び一般有志の皆様方からの深いご理解と力強いご支援を賜りますようお願い申し上げます。

募金の概要

募金名称 跡見さくら咲く募金(正式名称:「跡見学園創立150周年記念募金」)
募集期間 ~令和7(2025)年3月
募金目標 5億円
一口の額 一口 1万円からお受けします。(一口未満のご寄付も有難く申し受けます。)
使途

生徒・学生に対し、より充実した過ごしやすい教育環境を提供するために下記のとおり活用させて頂きます。

(1)キャンパスリフレッシュ化計画の推進、学生会館の建築(女子大学 新座キャンパス)

(2)中学校高等学校生徒のためのフレキシブルスペース構想の推進(カフェ・面談・自習等のスペース)

(3)ICT環境の更なる充実を図るため、オンライン授業の環境整備、AV設備の改修など、整備・充実を継続的に実施

募金方法

下記の決済方法をお選びいただけます。

下記の金融機関の振込用紙による申込が可能です。

専用の振込用紙がお手元にない場合は、お手数ですが募金事務局(03-3941-4100)へお問い合わせください。

税制上の優遇措置について

本学園は、文部科学省より「税額控除対象法人」および「特定公益増進法人」である旨の証明を受けています。
跡見学園への寄付金として税制上の優遇措置を受けることができます。

【個人の場合】
寄付金控除として「税額控除」または「所得控除」のどちらか有利な方式を選択いただけます。また、東京都及び埼玉県にお住まいの方は、個人住民税の寄付金控除の対象となります。

【法人の場合】
一般寄付金の損金算入限度額と別枠で当該事業年度の損金に算入することができます。

お手続については初めに募金事務局(03-3941-4100)までお問い合わせください。
※本寄付金は、特定公益増進法人の主たる目的である業務に関連する所得税法第78条第2項第3号又は法人税法第37条第4項に規定する寄付金です。

「跡見さくら咲く募金」パンフレット

「跡見さくら咲く募金」お問い合わせ

学校法人跡見学園 募金事務局

〒112-8629 東京都文京区大塚1-5-9
TEL 03-3941-4100 FAX 03-3941-8162
受付時間 平日8:30~16:30
メール h-somu@atomi.ac.jp