跡見の学び

各教科の紹介

英語科

英語は世界を広げるための「道具」です。「道具」の使い方を身につけ、自分の思いを発信できる人になれることを目指します。小テストや課題など、学習のプロセスは決して楽しいことばかりではありませんが、跡見学園では皆さんがわかるまで、できるまで、丁寧な授業と指導を心がけています。質問もいつでも大歓迎です。英語を使って表現できる楽しさを一緒に味わいましょう。

数学科

数学科では、日々の授業の中で、次の3つのポイントを大切にしています。

これらは、目先の受験だけでなく、その後の人生を通じて役に立つ力になります。授業、宿題、テスト、補習、講習、自由研究などの日々の取り組みを通して、これらの力を養っていきたいと考えています。

国語科

「ことばの花束」ともいえる多くの本・文章にふれることを通して、自他の気持ちや考えを大切にする態度を養います。「ことばの花の種をまく」をモットーに、漢字や百人一首暗唱といった基礎学習を徹底。論理的思考力・表現力を備えた心あることばの使い手を育てます。伝統的に古典を重視している本校では、早くから古文・漢文にも親しむことに加え、「本物」の古典芸能にふれる授業によって、日本文化への理解をいっそう深めています。

理科

社会科

社会科は暗記科目ではなく、人間や社会への理解を深める科目です。地理、歴史、公民の三分野を通して人間や社会についての問いを深めていきます。身の回りの現実世界から生まれる「なぜ」「どうして」に真摯に向き合うこと、また問題解決のために「どうしたらよいだろう」と自分なりに考えることを、授業では大切にしています。平和で民主的な「地球市民」として生きるために、問題意識を育んで欲しいと思います。

芸術科

美術

物事について考え、感じたことを手を使って表現し、物づくりの楽しさ、大切さを身をもって学んでいきます。

工芸

根気よく作品を仕上げていくことを通じて、「作る楽しさ・使う喜び」を学んでいきます。

音楽

歌唱・器楽・鑑賞などの音楽活動を通じて、音楽を生涯愛する心を育てます。

書道

跡見花蹊女史の書「跡見流」を学び、その精神を体得します。

技術家庭科

食物や被服などの実習を通して物を作る喜びを感じ、その喜びを友人と共感する豊かな心を育みます。また一つずつ丁寧に取り組む姿勢や集中して取り組む力を養い、身につけた技術で社会生活や家庭生活をより豊かにしていくことを目標としています。

保健体育科

本校の保健体育科の授業では、体育の教員が生徒一人ひとりとじっくり向き合って学習活動の支援に取り組むことを心がけています。生徒たちが自らの課題を解決するための学習方法を選択し、互いに教えあい、高めあう姿を授業の中で作り上げていくことが、生涯にわたり様々な学習に関わっていくことにつながると考えているからです。また、ICT教育にも少しずつ力を入れ、生徒がよりわかりやすい授業を心がけて指導しています。

情報科

情報社会に生きる私たちにとって、インターネットは欠かせないツールとなりました。高いセキュリティ意識やネットモラルを身に付けることで、安心安全なネットライフが実現します。授業では初心者からでも分かるように詳しく学習していきます。きっと将来、授業で学んだことが役に立つでしょう。