トップ > 講習会のご案内

講習会のご案内

令和4(2022)年度 心理教育相談所
無料講習会のご案内

跡見学園女子大学附属心理教育相談所【新座】主催の無料講習会です。
令和4(2022)年度は以下の要領で講習会を開催いたします。
本学教員が、日常の「こころ」に関するテーマを取り上げています。
どうぞお気軽に御参加下さい。

講座番号: 1
実施日時: 7月5日(火)10:40~12:10
講座名: 対人関係のスキル -さわやかな自己表現のコツ-
講師: 宮崎 圭子(臨床心理学科教授)
内容: 「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。」(草枕より)とは、明治の大文豪 夏目漱石の文章です。「群れる」習性をもつ動物はすべからく孤独が苦手です。ネズミも孤独が苦手です。「群れる」からこそ、「対人関係」が大きなテーマになってくるという訳です。「群れる」人類にとって「対人関係」とは永遠のテーマなのですね。本講座で少しでもさわやかな自己表現のスキルをご一緒に学びましょう。
講座番号: 2
実施日時: 7月14日(木)13:00~14:30
講座名: こころとからだを癒す -心身の健康を高めるために-
講師: 前場 康介(臨床心理学科准教授)
内容: コロナ禍という例外的な社会状況にある中、健康的な生活習慣を維持することがますます重要になっています。
この講習では「健康的な生活習慣を身につけるヒント」と題し、皆様の日頃の生活習慣を振り返っていただいたうえで、健康心理学における様々な知見や理論・モデルを紹介し、日常においてどのように応用できるかについて解説いたします。
講座番号: 3
実施日時: 7月15日(金)13:00~14:30
講座名: 高齢者の心理を考える -生きがい、幸福感-
講師: 阿部 洋子(臨床心理学科教授)
内容: 加齢により、様々な身体的、社会的変化が生じてきます。これまでは、職業的役割や家族内役割の喪失から高齢者は生きがいを持てず、幸福感も低下することが指摘されてきました。それが近年、幸福感が上向きになったとの報告があります。そうした変化についてみていきたいと思います。
講座番号: 4
実施日時: 7月22日(金)14:40~16:10
講座名: ひきこもり青年の理解と対応
講師: 板東 充彦(臨床心理学科准教授)
内容: 約15年に及ぶ講師のひきこもり支援の実践を通して、ひきこもり青年の理解と対応について検討します。ひきこもり青年の心の理解、それを踏まえた関わりのポイント、傾聴の基本、問題の外在化などについてお話しします。関わりたいのに関われないひきこもりの方たちの心を理解し、接するヒントを得る機会になれば幸いです。
講座番号: 5
実施日時: 9月10日(土)13:00~14:30
講座名: 子どものこころを育む心理教育の方法 -社会性と情動の発達を促す手立て-
講師: 新井 雅(臨床心理学科准教授)
内容: 変化が激しく先々の見通しが持てず、どのような生き方が正しいのかがわかりにくい複雑な社会の中で、子ども達には、困難を乗り越えつつ、自分自身、家族、地域、社会のために、より良く生きるための資質・能力を育むことが目指されています。特に、「目標達成に向けてチャレンジする」「様々な他者と協力する」「感情を表現したりコントロールする」などといった社会性や情動に関わる力は、子ども達が、これからの社会を前向きに生きていくために重要な役割を果たしているとされています。講習会では、これらの社会性や情動の発達に関わる心理教育の方法やワーク等をご紹介しながら、子ども達のこころの発達を促す手立てについて、ご一緒に学んでいきたいと思います。

会場

跡見学園女子大学(新座キャンパス)

受講料

無料

交通

JR武蔵野線新座駅下車 大学バス約7分

東武東上線志木駅下車 南口より西武バス約15分
「志32 跡見女子大」行き
「所52 所沢駅東口」行き
(詳細はメニューの「アクセス」からご覧ください)

お申し込み方法

以下の事項をご記入の上、
必ず 往復はがき にてお申込みください。
※1枚の往復ハガキで複数の講座をお申込みいただけます。

  1. 1. お名前(フリガナ)
  2. 2. 郵便番号、住所
  3. 3. 電話番号
  4. 4. 性別
  5. 5. 年齢
  6. 6. 職業
  7. 7. ご希望の講座番号と講座名
  8. 8. どちらで本講習会をお知りになりましたか?

締切

各講座1週間前まで(必着)
※締切以降はお電話にてお問合せください。

※お申し込み状況によっては、ご希望に添えない場合もあります。ご了承ください。

宛先

〒352-8501
埼玉県新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学附属心理教育相談所
TEL 048-478-3565 FAX 048‐478-3177

※尚、新型コロナウイルス感染状況によりましては、予定の変更・中止の可能性もありますので、ご了承ください。

ページトップへ