5月20日(日) 心理学部設立記念シンポジウムを開催します

2018年4月11日
  • イベント・講演会

跡見学園女子大学は、2018年4月に文学部臨床心理学科を発展的に改組し、心理学部臨床心理学科を設置しました。これを記念し、心理学部設立記念シンポジウム「跡見学園女子大学と臨床心理学 その未来へ」を5月20日(日)14時より文京キャンパスにて開催します。【参加ご希望の方は事前にメールにて必要事項(氏名(ふりがな)・性別・年齢・電話番号・職業・参加人数)をお知らせください。<送付先メールアドレス> sympo@atomi.ac.jp参加費無料、チラシは【こちら】を参照して下さい。】

本学は2002年に文学部臨床心理学科を設立し、教育機関での心理の支援であるスクールカウンセラー育成に注力してきました。近年、複雑・多様化した心の健康問題に対してさらなる支援を行うために、日本初の心理職の国家資格「公認心理師」制度が推進されるなど、社会の動向を受けて本年、心理学部臨床心理学科に改組しました。関東圏の女子大学初の心理学部として、公認心理師の資格取得に向けたカリキュラムに対応した多領域の心理学を広く学べる環境を整備しています。
心理学部の設立を記念して行う今回のシンポジウムでは、日本の臨床心理学界で活躍し、心理職の国家資格推進においても最前線で活動を牽引した歴代教授陣3名(平木典子氏 IPI統合的心理療法研究所 顧問/鶴光代氏 東京福祉大学大学院教授・日本心理臨床学会 理事長/野島一彦氏 現心理学部学部長・前日本心理臨床学会理事長)にご登壇いただきます。本学心理学部 松嵜くみ子教授を司会に、跡見学園女子大学と臨床心理学のこれからの未来について、公認心理師の役割や期待を含め、新たな挑戦に向かっての礎となるパネルディスカッションを行います。みなさま奮ってご参加下さい。心よりお待ちしております。