フランス語から、トキメキの旅へ(跡見学園女子大学フランス語企画展示)

2017年10月27日
  • イベント・講演会

新しい言語を学ぶことは、新しい世界をひらくこと。

フランス語科目では「読む・書く・聞く・話す」といった総合的・実用的なコミュニケーション能力の養成に力点を置いています。さらに文化や社会について幅を広げることで、フランス語から新しい世界をひらいていきます。このたび企画展として、フランスの衣・食・住&世界遺産、そして150年前にパリを訪れた侍について、学生が作成したパネル展示を行います。たくさんの発見とワクワク感に満ちた旅へ、一緒に出かけませんか。

フランスポスター横(大)

designed by Freepik and Macrovector – Freepik.com

跡見学園女子大学フランス語企画展示

「フランス語から、トキメキの旅へ」

主催:フランス語授業担当 寺本敬子

展示の趣旨:図書館LALAで実施するフランス語授業では受講生が図書館所蔵のフランス関連図書に親しむとともに学修の発展を期して、企画展を実施します。また、図書館所蔵の貴重な雑誌「L’Illustration」を翻訳し紹介することで学修に広がりを持たせるようにしました。

展示期間・場所:2017112日(木)〜1130日(木) 新座キャンパス図書館1階

製作者:フランス語履修生(2年生)

協力:跡見学園女子大学図書館

フランス語授業【サイズ変更後)2