トップ > ニュース一覧 > ニュース詳細

ニュース

企画展「跡見花蹊春の名品展」および「跡見純弘新コレクション展」開催のお知らせ

2018年3月10日

2018年3月12日(月)より5月28日(月)まで、企画展「跡見花蹊春の名品展」(展示室1)および「跡見純弘新コレクション展」(展示室2)を開催いたします。
展示室1「跡見花蹊春の名品展」においては、春の季節にちなんだ花蹊の代表作「四季花卉図」や「山家遅図」を展示、また跡見花蹊、跡見玉枝、野口小蘋、奥原晴翠、下田歌子、三輪田眞佐子の「閨秀六大家」は、時の歌人、教育者などで活躍していた女性6名の合作で大変興味深いものです。その他「第1回卒業式校長訓辞」を出品いたします。神田猿楽町から小石川柳町の校舎に移った2年後、明治23(1890)年4月6日開校以来、初めて第1回卒業式を挙げ、13名の卒業生を送りだしました。校長花蹊はこの第1回卒業式訓辞に際し、卒業生の姓名を読み上げたものです。その中の名前には二代目校長李子の名前もありました。

展示室2「跡見純弘新コレクション展」は、昨年7月に急逝されました跡見学園元顧問、跡見純弘氏より平成28年2月18日(木)と2月25日(木)の2回にわたりご寄贈いただきました資料の中から学祖跡見花蹊、二代目校長跡見李子、花蹊の従姉妹の跡見玉枝の作品を中心にご紹介いたします。これらの資料は最後まで大事にお手元に残され、愛着をもたれた品々です。またこのように資料をしっかり手入れをし、保存していただいていたことに深く感謝いたします。

これらの資料・作品を「跡見純弘コレクション 収蔵品目録3」として展覧会に合わせ発刊いたしました。「跡見純弘新コレクション展」とともにご覧いただければ幸いです。
なお、展示室1では、跡見純弘元顧問の幼少時からの写真を「跡見純弘氏 回想フォトギャラりー」として上映しております。是非この機会にご高覧いただきますようお願いいたします。
企画展  「跡見花蹊春の名品展」 (展示室1)
企画展  「跡見純弘新コレクション展」 (展示室2)
・場所:跡見学園女子大学花蹊記念資料館 展示室1・2(新座キャンパス2号館1階)
・会期:2018年3月12日(月)~5月28日(月)
・休館日:日曜・祝日
ただし、3月19日(月)は休館、5月27日(日)は開館
・開館時間:午前9時30分~午後4時30分
・入館無料
 
ポスターA4 正規版

過去のニュース一覧

ページトップへ