学生生活

TAC講師陣の提携授業

一人ひとりの多種多様なライフデザインを実現するために、実績ある資格の学校・TAC(株)と提携した授業科目でサポートします。信頼できるTACの講師陣が、戦略的カリキュラムと充実したオリジナル教材を活用し、年ごとに試験問題の出題傾向を徹底分析した実践的かつ分かりやすい演習で、着実に短期合格へと導きます。
これらの演習は全学共通科目の修得要件として単位が認定されます。

世の中の「おカネの流れ」をつかむことは、日本社会を知るうえでとても大切です。そのおカネの流れをいつ誰が見ても分かるように記録し、財政状態と経営成績を明確にするのが簿記。簿記検定2級合格を目標としています。

ディベート、プレゼンテーション、ディスカッション、自己理解、相互理解、自己表現等の実技や演習から、コミュニケーション能力を体得。就職戦線を勝ち抜くためはもちろん、普段の生活に活かせる対人スキルが身につきます。

公務員試験科目の中でも重要な法律科目。出題数が多く、法律科目の基本となる憲法をはじめ、受験に必要な様々な法律を理解していきます。講義では試験対策を中心に、体系立てた分かりやすい講義で法律の知識を深めます。

税理士試験に向けて学習するなかで、いちばんの基礎になる必修科目である簿記を学びます。会計学特別演習で学ぶ実務的な簿記の知識をさらに深め、学問として簿記の考え方を修得。試験科目の簿記論対策を行います。

秘書検定は一般常識やマナーが問われる試験のため、どのような職種でもその知識は大いに役立ちます。敬語の使い方や表現力、能率的なスケジュール管理の方法等、ビジネスで必要な知識を学び、秘書検定2級合格を目指します。

公務員試験科目の中で、数的処理は多くの受験生がもっとも苦手としている科目。そのため数的処理の成績が伸びると、試験合格へ大変有利になります。今までに学んできた数学をベースに、問題の解き方のコツを修得します。

公務員試験科目の政治と経済に関する科目を学びます。政治では選挙制度や各国の政党制から現代政治の考え方まで、経済では需要と供給の関係を基本に経済学の基礎を固め、公務員試験対策に向けて必要な知識を修得します。

コンピュータを専門的に扱う人材は、コンピュータの普及とともにどの分野・業界においても必要とされています。ITパスポート試験対策を意識した内容でコンピュータを理解し、情報化社会に通用する知識を修得します。