ココが違う!経済・経営・商学系の学びに興味がある女子注目!マネジメント学部のインターシップ

教員の独自ネットワークで企業と密に連携・2年次の早期実施で将来の夢を明確化・2週間以上の本格的な実務研修

跡見学園女子大学のインターンシップ

跡見学園女子大学には以下のインターンシップのプログラムが用意されています。

1 アカデミック・インターンシップ

マネジメント学部では、授業の一環として、2年次に全員が2週間以上のインターンシップに参加。

単位制・2年生全員履修

2 ATOMIインターンシップ

全学部生が対象。学生が自分のキャリアをより具体的に模索できるよう、平成10年度より導入しています。

単位なし・全学部生が対象

インターンシップ実施企業(一例)

東京地下鉄(株)、鹿島建設(株)、イケア・ジャパン(株)、(株)サンミュージックプロダクション、みずほ総合研究所(株)、朝日信用金庫、( 株)エイチ・アイ・エス ほか

インターンシップ密着レポート!

大学生が実社会で「オシゴト」を学ぶ職場研修プログラム、それがインターンシップ。今回は、跡見学園女子大学が実施する「イケア」での10日間のプログラムに参加した女子の先輩にレポートしてもらいました!

跡見学園女子大学×イケア

跡見学園女子大学が実施するアカデミック・インターンシップを密着取材。
イケアで行う10日間の研修プログラムを詳しくご紹介します!

インターンシップって何?

インターンシップとは、大学生が企業などのオフィスや店舗、工場で実際に仕事を経験する研修プログラムのこと。
「学び」のひとつとして、または就職活動に備えて、大学2 ~ 3年次に参加する学生が増えています。インターンシップに参加する目的は、「好きな業界をより深く知るため」「社会人としてのビジネススキルやビジネスマナーを身に付けるため」とさまざま。参加者は、オフィスで電話応対をしたり、営業に同行したり、店舗で接客をしたりしながら、社会で働く面白さ、厳しさを学んでいきます。

イケア

「豊富な品ぞろえのホームファニッシング製品を限られた人々だけでなく、多くの人々に届ける」というアイデアから始まった、スウェーデン発・世界最大級の家具販売店。優れた機能性と品質、デザイン、価格を適切に組み合わせるというイケアのコンセプトは、調達、梱包、流通からビジネスモデルに至るまで、あらゆる段階に反映されています。
取材協力:IKEA新三郷

現場で学んだことをすべて吸収したい!

イケアならではのきめ細かいプログラム内容を先輩から聞き、参加を決めました。学んだことをすべて吸収して、就職活動に活かしたいです!

跡見学園女子大学 マネジメント学部 2年

米澤 咲季さん

10日間の研修スケジュール

1日目ストアツアー、売り場でのサポート業務ほか
2日目ワークショップ、キッズイベント準備ほか
3日目売り場でのサポート業務ほか
4日目キッズイベントサポート(DIYペインティング)、リーダーシップ研修ほか
5日目キッズイベントサポート(家具づくり)、環境と社会に対するイケアの取り組み紹介ほか
6日目キッズイベントサポート(ザリガニ解剖教室)、エリアサポートほか
7日目キッズイベントサポート(アイスクリームづくり)、労働法事例紹介ほか
8日目売り場でのサポート業務、キッズイベントサポートほか
9日目売り場でのサポート業務ほか
10日目最終プレゼンテーション

1日目の流れ

10:00-12:00

Welcome and Store Tour

まずは、研修の現場となる新三郷ストアのストア内をひと通り見学。エリアごとの説明を受けます。何を学べるか期待がふくらみます。

13:00-14:00

IKEA FAMILY Experience

ランチ後、スウェーデン発の世界的家具販売店イケアの歴史や企業の取り組みのレクチャー。低価格にこだわる理由に納得!

14:00-15:00

IKEA Presentation

ストア内でスタッフとして研修を行うための防犯や安全対策に関するレクチャー。研修中は自分もスタッフの一員であることを再確認。

15:00-16:00

Area Support

イケアのメンバーシッププログラムIKEA FAMILYに関するレクチャーを受け、実際に会員登録。イケアで働く当事者意識が芽生えてきます。

16:00-17:00

Safety and Security

2-3名のグループに分かれて、店舗の各エリアでサポート業務。私はエントランスでショッピングバッグを手渡す作業をお手伝い。

インターンシップを終えて

研修では、お客様にイケアのメンバーシッププログラムを紹介したり、イベントのお手伝いをしたりと大忙し。しかし仕事の一つひとつに「快適な毎日をより多くの人に」というイケアの理念が浸透しているのだと知り、それを社員全員で守っていくことの大切さを感じました。また、そうした環境で働くことに、自分もやりがいを感じるのだと気づきました。将来の就職活動に向けて、企業理念に共感できる会社を探すことが大事だと思いました。