学部・大学院

文学部 臨床心理学科

活躍の場が広がる“こころの専門家”。
多様な進路に対応したカリキュラムで応えます

臨床心理学科は“こころの専門家”を育てる学科です。近年、注目されているスクールカウンセラーをはじめ臨床心理士の資格が必要な心理臨床家や、マーケティングや企画に消費者心理分析を活かして一般企業で活躍する人材等、活躍のフィールドは広がっています。ひとの心の不思議さや複雑さ、身体と心の関係等を理解し、必要とする人へ適切な援助の手を差し伸べられる能力を身につけることはもとより、臨床に関わる幅広い領域の心理学を学ぶことができます。専門家として将来どんな分野へ進んでも、臨床心理学科での学びが役立つことでしょう。

学科の特色

4つの履修モデルで幅広い心理学の分野に対応

臨床系、発達・教育系、社会系、実験系等、幅広い領域に対応した科目を設けています。広い視野を育むことで、多用な心理学の分野で活躍できる人材の育成を目指します。ライフデザインに合わせた科目を効果的に学べるカリキュラムは、4つの履修モデルを参考に自由に選択できます。

  • 【臨床心理コース】
    医療・福祉・公衆衛生・産業の分野で活躍する心理臨床家を目指す
  • 【学校心理コース】
    学校等の教育機関での心理教育的援助サービスによる社会貢献を目指す
  • 【健康心理コース】
    認定健康心理士の資格を取得し、衣食住に関わる様々な業界での活躍を目指す
  • 【産業・企業心理コース】
    消費者心理や人間関係についての専門的知識を活かし、一般企業での活躍を目指す

スクールカウンセラー養成に向けた教育課程

2年次の必修科目である「人間の行動」では、心理学の4領域(実験系、社会系、教育系、臨床系)を高等学校までの学習内容と関連づけて、日常生活に活用できる心理学を学びます。3年次の必修科目である「カウンセリング実習」では一歩進んで、スクールカウンセラーに必要な観察力や状況把握能力を、小・中学校での実習を通じて身につけます。
※スクールカウンセラーとは、児童・生徒がより良い学校生活を送れるよう、心理教育的援助サービスを行う専門家。カウンセリングや、教師・保護者への指導等も行います。臨床心理学科では、不登校やいじめ等、子どもの心の問題が深刻化する現代のニーズに応え、スクールカウンセラーの養成を大きな目的のひとつとしています。

「臨床心理士」をはじめ、専門資格の取得をサポート

取得希望者がもっとも多い「認定健康心理士」、ニーズの広がりがめざましい「産業カウンセラー」「認定心理士」等、資格取得に必要な専門知識を、体系立てて学べる履修モデルを設定。また、指定大学院修了といった条件が受験資格に必要な「臨床心理士」を目指す学生へ向け、丁寧なサポートも行っています。

※本学大学院人文科学研究科臨床心理学専攻は、(財)日本臨床心理士資格認定協会より指定大学院(第1種)に指定されています。そのため、大学院修了後、直近の試験から、臨床心理士資格試験の受験資格が得られます。
※健康心理士の資格取得では、学科と面接の試験が必要ですが、本学臨床心理学科で所定の単位を修得することにより、学科試験が免除されます。

目指せる仕事・資格

  • スクールカウンセラー
  • 医療機関等での相談員
  • 児童相談所職員
  • 法務教官
  • 企業の研究所
  • 企業のマーケティング部門
  • 介護・福祉関係
  • 被災地等での心理的ケア

[目指せる資格]

  • 認定心理士
  • 認定健康心理士(受験資格)
  • 産業カウンセラー(受験資格)
  • 臨床心理士(指定大学院終了後、受験資格取得)
  • 司書

授業内容の紹介

育ちを促す心理学で、赤ちゃんから大人までの道筋をたどる

発達心理学

【松嵜くみ子 教授】

生まれたばかりの赤ちゃんは、どんな体験をしているのでしょうか? 音は聞こえている? 視力は? においは? 言葉を話すことができない赤ちゃんに質問することはできませんが、様々な実験方法が工夫されて、いろいろなことが「できる」ことが分かってきました。人間は、生まれ持ったものに、様々な体験を重ねて変化していきます。その道筋をたどり、環境からの影響、相互作用等について整理し、発達促進的支援へとつないでいきます。

ズレとは何か? ──見え方・感じ方・行動の客観的分析

心理学基礎実験

【阿部洋子 准教授】

「色眼鏡をかけて世界を見てはいけない」ということばがありますが、個人差は安易に語るべきではありません。見え方、感じ方というものを、実際に科学的な方法を用いて測定してみると、そのズレは予想外に小さいことが分かります。だからこそ、大きくズレている見え方や感じ方は、興味深い研究対象です。それを探るために、まずは一般的な「心のあり方」を探求してみましょう。この授業では、実験を通して、見え方や感じ方の違いを客観的に分析します。「えっ!」と驚くようなものを選んでいますので、楽しみにしていてください。

学校心理学に基づく参加・体験型実習で、心理教育的支援を理解

カウンセリング実習

【山口豊一 教授】

カウンセリング実習とは、学校というシステム(組織や規則等)のもとで、児童生徒とのふれあい、および心理教育的援助サービスのあり方(アセスメント、カウンセリング、コンサルテーション、コーディネーション等)について、参加的観察(教師の一日、養護教諭の一日、相談員の一日、ワンネス、ウィネス、アイネスによる関わり、情緒的・情報的・評価的・道具的4種類のサポートの見学・参観)および体験・実習し、これを自己啓発経験とする科目です。実習は学校心理学の知見に基づいて行います。

履修モデル

臨床心理コース

医療・福祉・公衆衛生・産業の分野で活躍する心理臨床家を目指す

  • 必修科目
  • 選択科目
1年 2年 3年 4年
総論・各論
  • 心理学概論
  • 教育心理学
  • 人間の行動
  • 学校心理学概論
  • 人格心理学論
  • 青年期の発達心理学
  • 学校臨床心理学
  • 臨床行政論
  • 障害児(者)の心理と行動
  • 家族療法論
  • 心理教育的アセスメント
  • 医療・看護の心理学
  • 精神医学
  • 精神保健福祉論
  • 心身医学
実習
  • 心理学基礎実験
  • 心理学臨地実習
  • カウンセリング実習
特殊講義
  • 遊戯・芸術療法
  • 心理査定法
研究入門・
演習
  • 心理統計
  • 臨床心理学演習I
  • 臨床心理学演習II(卒業論文・卒業研究を含む)
自学科専門・
文学部共通専門・
他学科専門・
他学部専門
  • 臨床心理学
  • 発達心理学
  • 医学概論
  • 教育相談及びカウンセリング
  • 産業心理学
  • 犯罪心理学
  • 高齢者の心理学
  • データ解析
  • 実験計画法
  • 知的障害の心理と指導援助
  • LD,ADHDの心理と指導援助

カリキュラム表

前期課程

科目区分 修得要件 授業科目
総論 8単位以上 心理学概論[2]
教育心理学[2]
人間の行動[2]
学校心理学概論[2]
臨床心理学[2]
発達心理学[2]
認知心理学[2]
社会心理学[2]
健康教育概論[2]
心理学史[2]
医学概論[2]
研究入門 2単位 心理統計[2]
実習 2単位以上 心理学基礎実験[2]
心理学臨地実習[1]
文学部共通
専門科目
選択 文芸創作論[2]
レトリック概論[2]
言語学概論[2]
芸術論[2]
造形論[2]
色彩論[2]
装いの心理学[2]
化粧の心理学[2]
教育相談及びカウンセリング[2]
教育の方法及び技術の研究[2]
生徒指導及び進路指導[2]
図書館概論[2]
合計 20単位以上

後期課程

科目区分 修得要件 授業科目
各論 24単位以上 【心理学の理論と方法】
健康心理学[2]
視覚と芸術の心理学[2]
思考心理学[2]
言語心理学[2]
道徳心理学[2]
産業心理学[2]
人格心理学[2]
高齢者の心理学[2]
犯罪心理学[2]
データ解析[2]
実験計画法[2]
【学校教育の理論と方法】
青年期の発達心理学[2]
学校臨床心理学[2]
キャリアカウンセリング[2]
臨床行政論[2]
障害児(者)の心理と行動[2]
知的障害の心理と指導援助[2]
【心理的援助の理論と方法】
カウンセリング心理学[2]
家族療法論[2]
健康心理カウンセリング[2]
健康心理アセスメント[2]
心理教育的アセスメント[2]
認知カウンセリング[2]
LD,ADHDの心理と指導援助[2]
【心理学隣接諸領域】
精神医学[2]
医療・看護の心理学[2]
精神保健福祉論[2]
心身医学[2]
生理心理学[2]
臨床教育学[2]
職場のメンタルヘルス[2]
産業カウンセリング[2]
特殊演習 遊戯・芸術療法[1]
心理査定法[1]
実習 2単位以上 健康心理アセスメント実習[2]
カウンセリング実習[2]
演習 6単位 臨床心理学演習Ⅰ[2]
臨床心理学演習Ⅱ[4]
文学部共通
専門科目
選択 演劇論[2]
言語哲学[2]
朗読法[2]
非言語コミュニケーション論[2]
コミュニケーション心理学[2]
情報文化史[2]
色彩象徴論[2]
図書及び図書館史[2]
情報検索演習[1]
合計 46単位以上
合計修得単位数 66単位以上