就職・キャリア

インターンシップ

就労体験を通して働くことの意味や実態を理解し、また業界の概要や職種についても理解を深め、自己の適性や可能性を知るてがかりとしています。そこでの気づきがさらに大学での生活に活かされ、卒業後の職業選択にも役立てることを目標としています。

本学のインターンシップについて

本学では、「アカデミック・インターンシップ」と「ATOMIインターンシップ」2種類のインターンシップがあります。

※就職課はATOMIインターンシップを扱ってますが、マネジメント学部のアカデミック・インターンシップとの連携も行っています。

授業の一環としてのインターンシップ

マネジメント学部「実践ゼミナール」でのインターンシップ

マネジメント学部2年生全員が参加
単位制

マネジメント学部

アカデミック・インターンシップ

単位制、2年生全員履修

就労体験としてのインターンシップ

就職課主催のインターンシップ
学部問わず

主な対象は3年生(2年生もあり)
単位なし 行政は公務員志望の人

就職課主催

ATOMI インターンシップ

単位なし、主に3年生対象

ATOMIインターンシップについて

本学では全学部生を対象とした、「ATOMIインターンシップ」を実施しています。自分のキャリアについて、より真剣に、そして具体的に模索できるよう、平成10年度より導入しています。

ATOMIインターンシップの目的

  • 学生が自己責任に基づいて納得できる就職をするために、早期離職や無目的なフリーターにならないために、しっかりとした職業意識を養成し、職業観を育成すること。
  • 実務経験を通して生き方や働き方のプランの手がかりを探ること。

インターンシップの流れ

5月 中旬 インターンシップガイダンス(3年生対象:文京キャンパス・2年生対象:新座キャンパス)
6月 上旬 受入企業の公示(就職課掲示板)
参加申し込み(参加申込書提出)
中旬 選考:面接(応募者全員)
参加者発表(就職課掲示板)
7月 上旬 事前研修1回目(インターンシップ目標の確認・履歴書、志望書の書き方)
履歴書、志望書提出
事前研修2回目(マナー研修)
8月 上旬 受入企業先の実習期間、内容確定(受入先より実施計画書提出)
インターンシップ実習期間
9月 下旬
10月 上旬 事後研修
下旬 報告会
実習日誌および事後レポート提出

※参加者は事前研修1回、2回、事後研修、報告会の全てに参加することが条件
2年生はマネジメントのアカデミック・インターンシップのマッチングが終了次第受付を開始(7月上旬)

アカデミックインターンシップ(マネジメント学部2年生対象)

マネジメント学部では、2年次に全員が2週間以上の就業体験「アカデミック・インターンシップ」へ参加。これは、必修科目「実践ゼミナール」のプログラムの一環として実施しています。終了後には、研修先からの評価を受けます。 また、体験での成果を共有するための報告会(1年生も参加)も開催しています。

その他のインターンシップについて

埼玉県が全面的にバックアップしている、学生、大学、受入先を対象とし、インターンシップ推進を支援するツールです。
埼玉県内の企業・団体で職場体験を行います。
埼玉県大学生インターンシップ推進事業では、応募・受入先とのやりとりは全て就職課等を介して行います。

埼玉県大学生インターンシップシステムのサイトを見て、各受入先申込期限の10日前までに、エントリーシートを就職課のインターンシップ担当者に提出してください。その後の流れは埼玉県大学生インターンシップ推進事業のサイトで確認してください。

埼玉県大学生インターンシップシステムはこちら

大学を通してではないと応募できない企業・官公庁(文部科学省、経済産業省など)があります。

大学を通さず学生個人が直接手続き、応募、実習するインターンシップです。
実習内容等をよく確認して、アルバイト感覚や興味本位だけではなく、しっかりと目標を定めて応募してください。
公募型インターンシップに参加する場合、実習先から別途「賠償責任保険」の加入を求められる場合があります。各自で保険に加入してください。