令和2年度秋学期の授業実施方法について

2020年8月1日
  • 大学

令和2年8月1日

学生各位

学長 笠原清志

 

5月半ばの緊急事態宣言解除後、各大学における対面授業の再開の状況は多様です。しかし、その後の新型コロナウイルス感染拡大状況を見ると、ただちに秋学期から全面的に対面授業を再開するような状況にはないと考えられます。このような状況を踏まえ、跡見学園女子大学では、令和2年度秋学期の授業実施方法について、春学期に引き続き、原則、遠隔授業で実施することを決定しました。

ただし、「実習、実技、実験、実習に類する演習科目」等の科目においては、遠隔教育で行うことが難しい科目があることも事実です。それらの科目につきましては、一部対面授業を実施する予定です。該当の科目の授業実施方法については、8月6日(木)以降順次、本学ポータルサイトでお知らせします(来年2月の集中講義期間や補講期間の利用を考えています)。

なお、秋学期中に、社会情勢や感染の状況が変化する事も考えられます。その場合は、授業実施方法を再考する事もあり得ます。

以 上

おすすめの記事