今年度のB-ぐるバス車内映像制作プロジェクトが始動しました

2019年6月11日
  • 学生

6月7日(金)夕方、文京区民センター会議室において「B-ぐるバス車内映像制作プロジェクト」のキックオフミーティングが開催されました。

このプロジェクトは、文京区のコミュニティバス「B-ぐる」の車内モニターに上映される映像を本学学生が制作するというもので、活動開始から今年度で8年目を迎えるものになります。当初は、マネジメント学部のゼミ中心に活動を行ってきましたが、担当教員の定年退職をきっかけに、地域交流センターが音頭を取って、関心のある学生を学内で募集して実施する形となりました。

今年度は、はじめて全ての学部から希望者が集まり、約20名が納品時期にあわせて3チームに分かれて活動をしていきます。キックオフミーティングでは、メンバーの自己紹介が行われた後、今年度の方針が検討されました。今年度も人気企画「いちようさん」シリーズが継続されることになったほか、新規の企画のアイディアも次々に出てきました。

完成した動画は、B-ぐるバス車内で放映されるほか、茗荷谷キャンパス2号館1階のモニターでもご覧になれます。現在、昨年度チームが作成した動画が放映されていますが、順調にいくと、9月頃には今年度の一作品目の動画が放映される見込みです。学生たちの力作を、是非、ご覧ください。

※文京区コミュニティバス「Bーぐる」は、「千駄木・駒込ルート」「目白台・小日向ルート」の2路線が運行しており、年中無休、20分間隔で文京区内を巡っています。 大学からの最寄バス停は「跡見女子大西門前」です。

○キックオフミーティングの様子

KOMホームページ用写真1

KOMホームページ用写真2

おすすめの記事