新座市・伊豆殿行列に観光デザイン学科村上ゼミ生が仮装参加!

2019年5月7日
  • ゼミ

観光コミュニティ学部観光デザイン学科の村上ゼミ(担当教員:村上雅巳)は4月17日に埼玉県新座市(本学は新座市と包括協定を締結)で開催された平林寺半僧坊大祭伊豆殿行列に新座市からの要請により十文字学園女子大学、立教大学の学生と共に参加しました。

伊豆殿行列とは、平林寺半僧坊大祭に合わせて実施する新座市産業観光協会が主催で行う仮装行列のことで、新座市内を流れる野火止用水という県指定文化財を築いた松平伊豆守信綱(江戸時代の老中)の功績を称えることを目的としています。

当日は衣装に着替えるところから始まり、初めての体験に一同盛り上がりました。その後市役所を出発、平林寺総門を通過し、仏殿前で記念撮影、来た道を戻って着替え、解散となりました。

今回伊豆殿行列に参加したことで新座市の新しい魅力の発見や、役になりきるなど普段はできない貴重な体験をすることができました。

「大学に通うためだけの新座」ではなく、これからも村上ゼミは新座市と積極的に連携し新座市の魅力を発信するとともに新座市のシティプロモーションに貢献していきたいと思っています。(既に桜ウォーキングやロケツーリズムでは連携を行っています。)

(写真提供:新座市)

おすすめの記事