マネジメント学科2年生がラグビーチーム(サンウルブズ)の来客者動員の為のプレゼンテーションを行いました

2018年12月7日
  • ゼミ

12月4日(火)、本学マネジメント学部マネジメント学科イシカワゼミ2年生が「サンウルブズ女子大作戦!!」というタイトルで、一般社団法人ジャパンエスアール様をはじめとする関係者の方々へプレゼンテーションを行いました。
今回のプレゼンは「青山ラグビーパーク構想」をテーマに、日本のスーパーラグビーチーム「サンウルブズ」の試合(6試合/2019シーズン)で秩父宮ラグビー場を満員にするための方策について、ジャパンエスアール様よりオファーをいただき実現したものです。
コアファンが男性である現状において、ファン層を拡大していくために、どのようにすればより多くの女性が観戦に来てくれるか?という課題解決のために、イジカワゼミが対策案を提言いたしました。

おすすめの記事