観光コミュニティ学部【世界最大級の旅の祭典・ツーリズムEXPO 2018】会場で跡見学園女子大学×JALパック共同開発旅行商品発表(産官学連携による南阿蘇村復興支援旅行商品開発)

2018年10月9日
  • イベント
  • 産学連携

観光コミュニティ学部、篠原ゼミではジャルパック、国土交通省と産官学連携による「熊本県南阿蘇村復興支援プロジェクト」を4月から立ち上げ、熊本地震で甚大な被害を受けた南阿蘇村の観光復興に向けた地域創生事業を進めています。この事業の目的は南阿蘇村の観光をブランド化する事にあります。そしてこのたび新しい旅行商品をジャルパックと跡見が共同開発。9月21日「世界最大の旅の祭典ツーリズムEXPOジャパン2018」会場内のJAL(日本航空)ブースで「南阿蘇観光未来プロジェクトモニターツアー」の発売を記念した学生たちによる商品プレゼンテーションが行なわれました。2018年度に本体工事が本格化する熊本県の立野ダムを活用した「インフラツーリズム」や「南阿蘇鉄道を日本一の観光列車に」するための夢いっぱいのツアーが完成しました。ツアー本番は女子大生が同行しお客様をご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

(日本航空のHPは【こちら】)

おすすめの記事