全国大学ビブリオバトル2018の地区予選会を本学で開催しました

2018年10月16日
  • 委員会・有志

平成30年9月8日(土)、全国大学ビブリオバトル2018の地区予選会が跡見学園女子大学茗荷谷キャンパスで開催されました。
「ビブリオバトル」とは,立命館大学情報理工学部の谷口忠大教授が考案した,ゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの「書評合戦」です。ビブリオバトラー(発表者)たちがおすすめ本を持ち合い,1人5分の持ち時間で書評した後,バトラーと観客が一番読みたくなった本,「チャンプ本」を決定します。
全国の小中学校、高等学校でビブリオバトルの輪が広がり、大学でもビブリオバトルを実施するところが増えてまいりました。跡見学園女子大学でも図書館ボランティアが中心となり、学園祭等でさかんにビブリオバトルを開催しています。
地区予選会当日は、図書館ボランティアの運営で、東京大学、帝京大学、跡見学園女子大学から4名のバトラー(発表者)が登場。それぞれお気に入りの本の紹介を行いました。観客の投票で、帝京大学共読サポーターの小島さんがみごとチャンプ本を獲得しました。
小島さんは、11月に新宿紀伊国屋書店で行われる地区決選に進出しました。決戦は大阪で行われます。

ビブリオ予選2S

おすすめの記事