文京キャンパスで国交省主催セミナー「半島のじかん」が開催され、観光コミュニティ学部の学生が発表を行いました。

2018年3月12日
  • イベント
  • イベントレポート

このほど文京キャンパスで国土交通省主催のセミナー「半島のじかん2018 in Tokyo」が開催され、自治体関係者、旅行会社スタッフ学生ら約60人が参加しました。本学からは観光コミュニティ学部村上ゼミが参加し、学生たちが制作した観光ポスターを披露した後、トークセッションにも参加しました。

 この催しは、観光を学ぶ学生の視点で“半島”の魅力を再発見しようというものです。本学から参加した学生たちは、事前に伊豆半島を現地踏査し、様々な場所で写真を撮ってきました。それらを使って制作した観光ポスターは、インスタグラムを見るような感覚で伊豆の魅力を伝え、「跡見の観光の力」をしっかりとアピールする内容でした。

 

  

発表をする観光コミュニティ学部村上ゼミの学生たち。

おすすめの記事