学園広報

コミュニケーションシンボル

1995(平成7)年、創立120周年を期に、これまでの伝統ある桜の校章に加え新たにコミュニケーションシンボルを制定しました。

コミュニケーションシンボルは、質の高いコミュニケーションの生成を促すとともに、跡見学園の未来に対する姿勢を広く内外にアピールしていくこを目的としています。
桜の花びらを基調としたこのデザインは、校章の桜を継承することで伝統を大切にし、未来につないでゆくことを強調しています。桜の花が学校であるなら、花びらは生徒・学生ひとりひとりです。つまり「自らなる規則ありて和気靄々たり」、しっかりと自己を持ち、相手を尊重する姿を表現しています。形そのものはシンプルで、現代的なスマートさを持ち、右上がりの方向を示す花びらは、未来に向かって飛躍し続ける跡見学園をイメージしています。また、花びらの切れ目はATOMIのAでもあり、未来の女性に求められる高感度な先進性と品格をシンボライズしたものです。

<大学用>

<中学校高等学校用>